不動産業者の査定価格について

よくネットで「あなたの不動産、無料で査定します」というフレーズを目にしませんか?査定をする業者の中には、高い価格を意図的に提示して仲介業務を取ろうとする業者もあります。逆に自社で買取してリフォームして転売する業者もあります。

単純な話ですが、これらの業者に査定を依頼したらどのような結果になるでしょうか??自社で買取する場合には、リフォーム費用、自社の利益確保が必要になりますので、低い金額で仕入れないと商売になりません。逆に意図的に高い金額を出す業者は、自社買取するわけではないので、相場よりどれだけ高い金額を提示しても懐は痛みません。

では、不動産の適正価格を求めようとする場合、例えば相続(代償分割や遺留分減殺急)で話し合っている時に、これらの高い金額と低い金額が混在したらどうなるでしょう??低い金額で出そうと思ったら、自社買取している業者に査定を採用します。高い金額で出そうと思ったら、意図的に高い金額を出してくる業者の査定を採用します。普通の戸建住宅でも1000万円近くに乖離がでることもあります。

どうやって調整すればいいでしょうか??そこの金額調整だけでも一苦労です。ただでさえ揉めているのに余計に揉める原因になります。そういう時にこそ不動産鑑定評価がおススメです。

当然費用は掛かりますが、金額調整の苦労や心労を思えば、費用対効果は十分にあると思います。金額で揉めている時には「不動産鑑定評価書」を出しましょう。調停になった時にでも有効に働きます。

Follow me!